作品

2020/2/2

投稿日:

「彫刻しなくて、どうするんですか。」 僕は、先生からずいぶんとそう言われた。 ふと、まるで地中に埋められた時限爆弾が破裂するように、高橋清先生について思い出す。 先生は、戦時中、海軍兵学校に進み、終戦の年に卒業される。 その時、二十歳。 死を覚悟されていたはずだ。 「生きていることのとまどい。」に翻弄されるなか、彫刻と […]