作品

2020/2/2

投稿日:

「彫刻しなくて、どうするんですか。」 僕は、先生からずいぶんとそう言われた。 ふと、まるで地中に埋められた時限爆弾が破裂するように、高橋清先生について思い出す。 先生は、戦時中、海軍兵学校に進み、終戦の年に卒業される。 その時、二十歳。 死を覚悟されていたはずだ。 「生きていることのとまどい。」に翻弄されるなか、彫刻と […]

作品

200/1/30

投稿日:

同窓の松末から花が届く。 厳寒の澄んだ空気に花の香りが広がる。 新年に送った黒田小学校のリーフレットを見て、お祝いを贈ってくれたのだ。 校内に新たな展示壁も完成した。 グッドタイミングだ。 日食なつこの新曲「四十路」を爆音、ヘビーローテションで聴きつつ、校内の展示も進めている。時々股ぐらをストーブで温め、薬缶の白湯を飲 […]

作品

2020/1/29

投稿日:

手を止めていた作品に手を出す。 忙しいとか、粘土が凍るとか、鋳造の費用がかかるとか、心の中が言い訳放題満載で、キリがない。「だったらいいのかよ、結局出来ないんだぜ〜。」悪魔なのか、天使なのか、さわさわと語りかけるものがいる。 その声は、あんまり一人で居過ぎるからか、妙にはっきりとしていて幻聴のようだ。 今出来る一歩、一 […]

作品

2020/1/22

投稿日:

笑顔の発見。 やっぱり、ここだなと思う。 太鼓のロクさんの像をつくらせていただいた頃、もうあれから、五年にもなるのだけれど、脳が切れるほど表情で悩んでたっけ。 あれは、大きかった。 資料写真を見ていると、「いっつも、やけに機嫌のいい人だなぁ〜。」とは、思っていたが、彫刻としてずっと笑ってるのもどうかと思った。 単純に、 […]

作品

2020/1/16

投稿日:

惑星を彫る。 火星の岩壁を彫ったら? メキシコで、観音像を彫りながら思っていたのは、そのこと。 イーロン・マスクやジェフ・ベゾスが2020年中には、火星に最接近すると言っている。北海道でも、赤平の植松電機や大樹町のインターステラテクノロジズのロケット開発もぐんぐんと進行中だ。 天文学者カール・セーガン原作の映画「コンタ […]

作品

2020/1/8〜1/15

投稿日:

小学校の同級生、永井君からのコメントに「はっ!」として、以前つくった頭像を引っ張り出して見詰める。 この像は、「お地蔵さんを。」ということで始めた時のもの。互いの距離を近づけるために一週間通って、日常の中で邪魔にならぬよう、お話をうかがったり、音楽を聴いたり、お茶を飲んだり、見るともなしに日常の表情をスケッチした。 像 […]

作品

2019/12/25〜2020/1/3

投稿日:

粘土入れから取り出し、頭像にする。 一つは、オホーツクの人。「矜持」と、テーマを定めてやってきたが、訳あって制作を中断した。等身像として制作したが、全てばらして粘土入れに戻した。しかし、頭部はどうしてもばらせず、そのまま粘土入れに戻してあったのだ。久しぶりに見ると凍れて崩れかけている。見つけたなにか、ちりじりばらばらに […]

作品

くりのみ幼稚園

投稿日:
栗のみ幼稚園

→ Panorama 「くりのみ幼稚園」理事長であった西澤桂一氏の御遺志によって、私に像のお話があったのは、2015年初夏のこと。彫刻家~望月 健 氏 ,画家~北口さつき 氏を通じてお声がかかった。その前段階として紆余曲折を経つつ、随分と長く制作者を捜しておられたようだ。 2016年春に直接、「くりのみ幼稚園」を訪問し […]

作品

NEW BRON

投稿日:
New Born

→ Panorama 芽。 芽を育てる。 ほんの小さな芽、その兆し。 この兆しを感じたとき、それを大切に育む。 それは、最初あまりに小さくて貧相かもしれない、くだらないように思えるだろう。 まったく輝きを放つわけでも、見知った何かと比べれば、どうにもならないほどくだらないように思えるだろう。それでも、それは、自分のなか […]