作品日記

2019/12/25〜2020/1/3

粘土入れから取り出し、頭像にする。

一つは、オホーツクの人。「矜持」と、テーマを定めてやってきたが、訳あって制作を中断した。等身像として制作したが、全てばらして粘土入れに戻した。しかし、頭部はどうしてもばらせず、そのまま粘土入れに戻してあったのだ。久しぶりに見ると凍れて崩れかけている。見つけたなにか、ちりじりばらばらになりそうななにか、それをかきあつめる。
もう一つは、少女。幼い子供達を群像にするためにつくったものの一つ。実際には、他のものをブロンズにした。これも等身でつくったが、放って置いて乾燥した様に、なにかを覚えた。

相矛盾して居心地の悪い、気持ちの悪い、裏も表も中も外もそのまま、そのまんまに、この冬は、自分の気持ちいっぱい、正直いっぱいやってみよう。

Okhotsk -矜持
Okhotsk -矜持

kurinomi - 美生
kurinomi – 美生

Oneness - first step
Oneness – first step

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください