作品日記

2020/1/16

惑星を彫る。

火星の岩壁を彫ったら?

メキシコで、観音像を彫りながら思っていたのは、そのこと。

Kannon Mexico 2018
Kannon Mexico 2018

Kannon Mexico 2018
Kannon Mexico 2018

Kannon Mexico 2018
Kannon Mexico 2018

Kannon Mexico 2018
Kannon Mexico 2018

イーロン・マスクやジェフ・ベゾスが2020年中には、火星に最接近すると言っている。北海道でも、赤平の植松電機や大樹町のインターステラテクノロジズのロケット開発もぐんぐんと進行中だ。

天文学者カール・セーガン原作の映画「コンタクト」劇中、探索ポッドのアメリカ・ケープカナデラルからの打ち上げ失敗の後、もう一台同じものが秘密裏に用意されて、北海道根室から打ち上げられる。識者に「どうして、北海道なのでしょうか?」と質問したところ、打ち上げの際、地軸と大気圏外に抜けて行く角度が絶妙なのが、北海道なのだそうだ。

既に僕らは、ヴィジョンを見ている。
「夢」ではなく、今現在の向こうに見えている未来なのだ。
きっと、「スタートレック」や「スターウォーズ」の世界は、空想の物語ではないのだろう。

その時、人間は、最も素朴なテクニックによって、自身の存在を記すはずだ。

どうも、生きているうちに、実現しそうだなぁ〜。成長とともに、世の中の変化を目の当たりにしてきた僕らは、そんな世代なんだと思う。
火星に立ってしまってから考えるのではなく、今から用意しておかなくては。

それでもやっぱり、思うのだろう。

さて、何、彫ろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください